製品名

AH Formatter

概要

AH Formatter は当社パートナーのアンテナハウス様の製品です。
世界中で使用され14年目を迎える製品で大容量・多言語データに最適な自動組版ソフトです。帳票やレポート、マニュアルなどの印刷に欠かせない複雑なレイアウトの表現も可能であり大容量の文書も組版、PDF化を高速で行います。

特徴

多言語サポート
・ラテン文字、キリル文字、ギリシャ文字、日本文字、中国簡体字、中国繁體字、ハングル、アラビア文字、 ヘブライ文字、デヴァナガリ文字、タイ文字など、 Unicode で扱えるほとんどの文字を扱うことができ、 50以上の言語に対応しています。 これらを混在させた文書も容易に作成できます。ラテン文字を使う 40ヶ国語のハイフネーションも可能です。 右から左に書くアラビア語や、縦書きなどの混植も完璧です。もちろんサロゲートペアにも対応しています。

XSL 1.1 / CSS に対応
・『AH Formatter V6』は、XSL-FO 仕様である XSL 1.1 に対応しており、XSL 仕様のほとんどの要素・プロパティを忠実に実装しています。 また、CSS2.1 および CSS3 にも対応し、CSS2.1 仕様には完全対応しています。CSS3 のページモデルにも対応しているため、高品質なページ組版が実現できます。HTML/XHTML については、フレームなどの一部 HTML を除き、組版できます。

MathML 3.0 に対応
・AH Formatter は、MathML を使って数式を組版することができます。MathML の対応バージョンは最新の 3.0 へ更新されています。MathML 3.0 では、追加や廃止された属性などが多少ありますが、初等数学用の要素群の追加が機能的には大きな違いとなります。

多くの拡張仕様
・『AH Formatter V6』は、W3C の仕様だけでは表現できない多くの拡張仕様を用意しています。柔軟な禁則処理や約物詰め処理、表の自動レイアウトなどが可能です。

豊富な組込みインターフェイス
・『AH Formatter V6』は、組込みインターフェイスとして、 コマンドラインインターフェイス、 .NETインターフェイス、 COMインターフェイス、 Javaインターフェイス、 C/C++インターフェイスを用意しています (.NETインターフェイス、COMインターフェイス は Windows版のみ)。 いずれもストリーム処理が可能です。これらを利用して アプリケーションへの組み込みが簡単に行えます。

事例

※詳細はメーカーホームページをご覧ください。
AH Formatter V6 製品トップ(メーカーサイト)

動作環境

※詳細はメーカーホームページをご覧ください。
AH Formatter 動作環境(メーカーサイト)

価格

※詳細はメーカーホームページをご覧ください。
AH Formatter ライセンスと価格(メーカーサイト)

関連ソリューション

【ソリューション情報】
PDF自動変換

メーカーサイト

アンテナハウス株式会社
AH Formatter