1. HOME
  2. サービス
  3. ローコード開発
  4. 1.ローコード開発ツール
  5. ローコード開発について

ローコード開発

LOW-CODE DEVELOPMENT

1.ローコード開発ツール

ローコード開発について

 

ローコード開発とは?

ソフトウェア開発・運用の現場において、日々変化する市場への対応は必要不可欠。こうしたビジネススピードに沿った業務効率性を高めたいというニーズに応える、開発支援ツールや開発手法がローコード開発です。ローコード開発はソースコードを書かない、もしくは最小限のソースコードで業務アプリケーション開発を高速化するためのITツールと位置付けられます。
 
 

これまでの開発との違い

  • 開発可能なアプリケーションの自由度が高く、独自のロジック追加など、必要に応じた細かな拡張が可能
  • 単なるソースコード生成ツールではなくロジックやUI(ユーザー・インターフェース)を含めたアプリケーション全体の自動生成およびラウンドトリップ開発が可能
  • SIer主体の開発から、業務担当者自身が開発を行うことが可能(システムの内製化)

 

ローコード開発のメリット

  • ローコード開発は、開発工程の簡略化や自動化によって、開発工数、開発コストを短縮できます。
  • お客様独自のオンリーワンとなるアプリケーションを構築できます。
  • 業務担当者が開発を進めることができるため、「必要な時」に「必要な機能」を「迅速」に追加することができます。

 

ローコード開発ツールのご紹介

ローコード開発製品情報はこちら