こんなご要望・問題を抱えたお客様へお勧めします

  • サーバ台数が多く、管理作業で非常に負荷がかかっている
  • サーバ台数を減らすことで、スペースや電力量の軽減をしたい
  • 新規システム構築時、サーバ台数は最小限にしたい
  • 物理サーバの障害発生に備えて仮想サーバを導入したい
  • サーバ刷新を行ったが、性能を活かしきれていない

解決方法 要約

  • 仮想化ソフトウェアを利用し、複数サーバを1台にまとめることで、ハード・ソフトの費用を削減
  • 物理的な台数削減により、電力量の削減によってeco効果も期待できる
  • ハイスペックサーバ上で、数多くのシステムを安定して運用可能
  • 仮想ソフトは無償ソフトを利用(仮想数やトランザクションが多い場合は有償ソフトを推奨)
  • 仮想サーバを導入することで、物理サーバの資産を有効に活用することが可能
  • OS全体のバックアップ・リストアが可能なので、障害の早期復旧が可能

導入効果

  • 電力消費量の軽減および空きスペースの確保
  • ソフトウェアライセンス費用の軽減
  • 物理サーバ台数削減による運用管理負荷の軽減
  • 仮想サーバの導入により障害発生時には自動縮退運転での早期復旧が可能
  • 仮想サーバを導入することにより、システムの追加などにも柔軟な運用が可能

イメージ

サーバー統合・仮想化

関連製品

ヴイエムウェア株式会社
  • VMware Server
日本マイクロソフト株式会社
  • Hyper-V