Wagby Plugin Option (CData Drivers)

概要

「CData Drivers」をWagbyアプリケーションへプラグインとして組み込むことで、Wagbyアプリケーションの「接続先データベース」として各種クラウドサービスを指定することが可能になります。
接続先クラウドサービスのデータ構造を基にWagby側でモデル定義を行うことで、接続先クラウドサービスとWagbyのデータ連携準備が完了となります。
Wagbyアプリケーション側としては、定義したモデルに対してデータを投入するだけで、自動的にクラウドサービス側にデータを反映することが可能です!

  • SaaSサービスは手軽で良いが、マスタデータの更新や管理に手間が掛かる
  • 社内/社外問わずに散在するデータを一元管理したい
  • 運用中のSaaSサービスが複数あり、これらを串刺しにしたデータ集計・分析がしたい

などなど、様々な課題を素早く簡単に解決することができます。

詳細情報については当社特設サイトへ

wagbylablogo