事故報告書作成システム

事故対応業務の90%を削減!

保険代理店では、契約者からの電話による事故報告書の作成に非常に時間がかかっていました。
契約者がWebで事故登録して、事故報告書を自動作成することで大幅な業務効率化を実現しました。

背景

事故発生時に契約者は保険代理店に電話連絡して、保険代理店は電話内容をもとに
事故報告書を作成して保険会社に送付している。
契約者から保険代理店の営業時間外でもすぐに事故報告できないかという要望があった。
保険代理店も事故対応時間を削減したいということで、システムを構築することになった。

目的

・契約者がいつでも事故報告できるようにする
・保険代理店の事故確認や保険会社への報告業務の負荷削減

効果

・契約者  :24時間365日事故報告ができるようになり、顧客満足度が向上した
・保険代理店:事故連絡と事故報告作成が不要になり、事故対応の業務が90%削減できた
・保険会社 :保険代理店との事故に関する対応業務が削減できた

概要

システムイメージ

画面イメージ

技術要素

・画面項目の追加やワークフローの定義変更がBPMSuiteによりノーコードで構築可能
・外部データ取込機能で契約情報を反映することにより、Webで入力された事故データの契約存在チェックを行うことができる
・蓄積されたデータを外部出力できるので、出力した事故データを既存システムに反映することが可能

システムに関する情報

利用者数2,000名(契約者)
システム形態Webシステム
開発言語・ツールBPMSuite(クエステトラ社)
ワークフローツール
http://www.sp-inc.co.jp/products/etctool-category/utility/questetra-bpm-suite/
開発期間3か月
開発規模2人月